スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お尻のほっぺた

Category : しりこぶた
お尻のほっぺたを凹ませるくらいに力を入れると、良いエクササイズになるようです。肛門括約筋も鍛えられて、痔の予防にもなるとか。肛門周辺は血管が多いので当然血流も良くなるのでしょう。

引き締め効果と同時に、血行も良くなれば…。長い目で見ると、とても役に立つエクササイズかも。

プレママ・産後ママは痔主さんが多いので、ぜひお試しください。


『おしりのほっぺたにえくぼを作る』
妊娠したら、痔になりました・・・>2012年4月24日“痔によい運動をする。その1

スポンサーサイト

小尻なのか

Category : こじり
女性のあこがれの小尻ですが、民族や慣習によって評価はさまざま。

巨乳はもてはやされているのに…。どうしてお尻は…。

お尻は大きくて良いですよね。


『尻が大きいのは悪い事ではありません』
ダイエットチャンネル>“お尻ダイエットで小尻になろう★お尻を小さく引き締め痩せさせる方法

二重尻から脱出

Category : にじゅうじり
二重になってしまったら、相当深刻です。簡単には元にもどせないのでは???

「筋肉をつけて引き締める」とよく言われますが、これは脂肪を減らすことにはなりません。もちろん筋肉の量が増える → からだ全体の代謝があがる → 消費カロリーが増える、、、という図式は成り立ちます。ただ、この消費カロリーは、そんなに多くはありません。

さくさくと体重が減るほどではないということです。「引き締め+脂肪を取る」場合は、摂取カロリーのコントロールが必要です。食事制限はできそうもない、という人は余分な脂肪をつけないでおきましょう。

「好きなだけ食べて痩せる」という魔法はありませんので。


『キュッと引き締まった美尻』
ルシアン[ヒップの魔法]特設サイト>“How to おしりケア

ヒップアップのために

Category : しり
お尻が垂れてくるのは、見た目ですぐわかる「加齢の症状」です。後ろ姿をシャキっとさせるためにも、ヒップアップは欠かせません。

大事な骨盤底も含めて、インナーマッスルとアウターマッスルの両方をがんばりましょう。人に視線も気になりますが、自分のために自分の体を良い状態に保ちたいですね。


『欧米人のスタイルの一番の違いは、男女問わずヒップにあるんじゃないか』
e-fitness.jp/workout lesson >“Lesson4 キュッと上がったヒップを作るworkout

鼠径部ヘルニア

Category : そけいぶ
鼠径ヘルニアといえば赤ちゃんの病気、あるいは男性に多い病気といえます。

少ないとはいえ女性もなりますから、覚えておきましょう。多くの場合中年期以降になるようですが、鼠径部に異常を感じたら、一応検査してみましょう。放っておいて、腸が大変なことになるのもイヤですよね。


『太もものつけねから身体の中の小腸などの組織が出てくる』
ヘルニア倶楽部>“太もものつけねが膨らみます

恥骨のトラブル

Category : ちこつ
お産の前後に、恥骨の痛みを訴える女性は多いようです。開いたり閉じたり、恥骨周りの靭帯も伸びたり縮んだり。この変化のスピードがうまくいかないと、トラブルになるのでしょう。

妊娠中に、お腹が大きくなるスピードと皮の伸びるスピードが一致しないと、妊娠線ができるようなものです。

いろいろなタイミングが良い状態ですすめば、きっとお産もスムーズなのでしょうね。


『恥骨痛が軽減されてきてます』
初めての手探り妊娠・育児日記>2012年3月15日“恥骨痛改善ストレッチ&筋トレ

骨盤のゆがみと言えば

Category : こつばん
骨盤のゆがみ…はトレンド??

今ほど骨盤に注目が集まっている時代はなかったでしょうね。何かと言えば「骨盤の…」。すべての道は骨盤に通じているようです。

内臓をささえている骨盤。女性は、ゆがみはともかく、油断せずに骨盤底筋肉を鍛えましょう。経産婦に限りません。子宮脱や膀胱脱などは、そうとう過酷な症状が出ますし、生活全般に影響しますから心して…!!


『最初の位置からずれるほど骨盤がゆがんでいる』
お腹ダイエットだけでなく脚も効果的に部分やせ>“骨盤のゆがみチェック

おへその形

Category : へそ
おへその形がどうにも…という人は、腹筋に原因があるのかもしれません。

筋肉を整えることで、自然におへその形が改善するなら、一石二鳥と言って良いのでは??


『腹筋がサボっている方のおへそ』
てつかわはりきゅう整骨院>2012年4月16日“アナタのおへその向きは?”

下腹も問題です

Category : したばら
「ウエスト」と「ひばら」とともに、下腹まで筋肉が続いています。全体的にしっかり筋肉を鍛えて、「しゅっとした」状態にしたいですね。

内臓の健康のためにも、入れ物をしっかりしておきましょう!


『しゃがんで立ち上がるときに、下っ腹に力を入れます』
ダイエットを楽しめば、もっと楽に痩せられる>“仕事しながらぽっこり下っ腹を引き締める方法

わき腹もつながっています

Category : ひばら
脾腹とも言います。ウエストとは切り離せません。筋肉をつけておかないと、この一帯がたるんできますので、まさに「お腹がでる」状態になります。

適度な運動が必要です。生活の中で、自然に脇の筋肉を鍛えられれば良いのですが…。薪割りもせず、家事も減った現代人は、よこっ腹を使うことはなさそうです。


『もちろん筋肉を増やすと張りも出てきます』
アラフォーからは立ち向かえ!!ボディアンチエイジング!>2012年8月15日“たるんだお腹は引っ張る!ねじる!引っ込める!”

腹筋バンザイ

Category : うえすと
お腹のまわりに無駄なふくらみやたるみが無くて、ウエスト周辺がすーっと綺麗なラインを描いている…。あこがれますね。

過去を振り返り、どの時点の自分がどんな体型だったかを思い出せば、なにをすれば良いかがすぐにわかりそうです。

またはこれから、全く別のレーンにハマってみるのも楽しそう!!


『腹筋、縦スジ入りましたー!』
オカン、アスリート始めました>2012年7月25日“腹締まってきたぞ~~!!

心窩部の違和感

Category : みぞおち
私にとって「心窩部の違和感」と言えば、余計な脂をとった時に感じる「むかつき」。ちょっと思いつきでメンチカツを買って食べてしまった時…、などに起きます。肝臓の負担にもなったことでしょう…。

「ああー。安物買いで、またカラダに悪いことをしてしまったよ~~。ごめん。。」と謝るしかありません。

自分のからだは、大事に長持ちさせたいですね。


『みぞおちから右の脇腹にかけて』
下北沢 剛治療院>2013年3月30日“東洋医学の日常_2

肋骨の骨折

Category : あばらぼね
肋骨は大事な内臓を守っていますが、一本一本は細くて弱いので骨折しやすいようです。

周りの筋肉も含めて複雑な構造になっているので、故障をおこすことも多いみたい…。セキをして折れるくらいですしね。

動きが悪くなったり、柔軟性がなくなったりすると、呼吸に影響をあたえます。それは命にかかわりますよね。。。


『骨だけなら、くっつくのを待つのみ』
日がな一日>2011年12月17日“今日の肋骨

爪の状態

Category : つめ
手湿疹?主婦湿疹?…と言われるような湿疹が、ちょくちょく指に出来ます。最近は減りましたが、10年ほど前が特にひどかった。。。

爪の周辺に湿疹が出来て、しばらくすると爪の形が変わります。というか変わった状態で、生えてきます。

それが全部、上に移動して無くなり、綺麗な爪になるまで一定の期間が必要です。それまでは、ボコボコの爪で我慢するしかありません。

湿疹が出来る方、お互いがんばりましょう???ん??何をかな???


『色々な疾患の時に変形してしまうんです』
take care of yourself>2011年2月23日“爪からわかる健康状態

手の甲の日焼け

Category : てのこう
油断していたら、いつの間にか手の甲が日焼けしていました。

自転車に乗ってフラフラしていたのが、悪かったようです。お化粧はバッチリしても、足の甲とか手の甲は油断してしまいますよね。


『その通り!ベタつかない!』
*My natural beaty life*iherbアイハーブ >2013年6月8日“バジャーのアロエベラサンスクリーンローション

手のひらにもツボ

Category : てのひら
足の裏同様に、手のひらにもたくさんのツボが集まっています。

手や指をよく使う職業の人には、認知症が少ないとか、長寿が多いだとか…。統計データがなくても、感覚的には正しそう。

それでも老いはやってきますが、手足も体全体もしっかり動かしているほうが、たしかに元気でいられそうですね。


『食欲を抑制させるツボ』
ダイエットが手軽にできるツボ指圧>“簡単で成功するダイエット方法-手ツボ指圧で食欲抑制

指を使う

Category : ゆび
手は外部の脳といわれるくらい、脳の発達に直結しています。

小さい物をつまむ動作で、子どもの知能はぐんぐん発達していきます。

指先がおぼつかなくなるのは老化のサインですね。


『触って物の形を判断する能力が低下』
「心と体を整える」とっておきの健康講座>五感>“触覚

手で癒す

Category :
手が触れるだけで安心感を得られるのは間違いありません。誰もが一度くらい、経験しているのでは?

自分にもしっかり手をあてて、自ら疲れをいやしてみましょう。自己完結というより自己解決かな。。。


『あなたが誰かに手をあてて』
こどものとなり>2011年3月17日“ママの手は魔法の手*番外編*3

ひじの年齢

Category : ひじ
ひじにも年齢が出るようです。

やれ首だ、手の甲だ、膝だ、お肌だと年齢が出る場所だらけ。要するに全身歳を取っているんだから仕方ないよ~~。そんなにアンチエイジングしたいのか?私~~。

エネルギーの掛け方と個人的な志向のバランスを取るしかないですね。若く見られたら、そんなに嬉しいのかどうか…。そして、若く見られることでいったい何を得られるのか…。


『年齢を重ねた女性特有の肘』
ゆるゆると美人になりたい!>2011年7月2日“肘に年齢を見る。”

わき毛関連ビジネス

Category : わきげ
日本では、女性の脇の毛を処理するのは当たり前になっていますね。

今さら常識になってしまった習慣を変えるのは難しいので、脱毛ビジネスは不況知らずかも…。乙女の要望を片っ端から実現して、さらにエスカレートしていくような。。。

洋服でカラダを守っているので、たしかに毛は必要なくなっています。のこる「フェロモンや体臭によるアピール」という問題は、別の形でクリアになるのかな??


『汗のニオイを予防するためにも』
コスメ・美容・ファッション情報~いい女モテる女の秘訣~ >2013年5月24日“わき毛の処理は当たり前

二の腕のブツブツ

Category : にのうで
二の腕と言えば、カサカサとかブツブツとか…見えやすい場所だけにとても気になります。常にスベスベお肌にしておきたいところですが、なかなか難しいですね。。。

自己管理を徹底しないと…。道はけわしいな…。


『褐色がかったぶつぶつが多数』
二の腕のぶつぶつ(毛孔性苔癬)と背中のニキビ撃退>2007年4月17日“二の腕のぶつぶつ(毛孔性苔癬)とは???”

腕といえば腱鞘炎

Category : うで
多くのママが患う腱鞘炎。痛くて痛くて…という声を、たくさん聞きました。

前腕の傷みは、何をするにもつきまとって大変やっかいです。ひじから先を使わずに日常生活はおくれません。安静にとか、なるべく腕を使わずにとか、アドバイスされても実質不可能です。

女性は力が無いので、赤ちゃんほか、物を持つ時には「脇をしめましょう!」。スポーツなどでよく言われるこの言葉。大事ですよ。。。


『長時間の抱っこは、手首周辺の筋肉や腱に負担』
真美ヶ丘カイロ日記>2010年9月29日“腱鞘炎

女のカラダ外見帖

Author:Coidas別冊

“ふうん、そうなんだ”

からだとココロの気持ちよさを探していくのが
“Coidas”

妊娠体調チェック
カテゴリ
リンク
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。