スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

しろめの充血

Category : しろめ
たまに、白目の一部分が真っ赤になることがあります。

ビックリするし、周りの人はもっとビックリ。「目が真っ赤だよ……」と驚きと心配が一緒になった様子で言われますが、本人は痛くもかゆくもないので鏡を見てビックリ!!

どうやら結膜下出血というものらしく、たいていは問題無いようで、しばらくすれば治ります。


『眼底出血でないか心配です』
藤田眼科院長blog>2011年10月30日“白目が真っ赤!!(原因不明な結膜下出血の真の原因って何?)
 
スポンサーサイト

目で見る

Category :
「目で見る」と言っても実際は、視神経が2Dで運んだ電気信号を、脳内で3Dに変換しているとか…。すごいことですよね。間違った3Dに変換している可能性もあるのでは…?

目で見ているものが確かだと、誰も言いきれないようです。


『いちばんたいせつなことは、目に見えない(what is essential is invisible to the eye.)』
出典:言葉の力で死生観を育む ~ 「自分を見つめる」ということ >2012年12月27日“【星の王子さま サン・テグジュペリ】 いちばんたいせつなことは、心で見なくてはよく見えない”

眉やまを工夫して…

Category : まゆやま
美人は眉毛が美しい!

ということは…、眉毛を美しくするのが美人への第一歩。

千里の道も一歩から。。。です。


『ちょっと変えるだけで、全然違うイメージになっちゃう』
出典:岡江美希オフィシャルブログ~美肌は太陽が好き~ >2012年8月13日“眉毛研究(1)”

眉頭が決め手

Category : まゆがしら
真剣に眉を描くたびに、眉頭が決め手になるなとつくづく感じます。失敗すると苦しいですよね。修正してもなんだかシャキッとしないし…。

うまくキマッタ時の達成感は、なかなか他のものとは比べ物になりません。


『眉頭は「ふんわり太め」』
出典:読むだけで魅力アップ!>2011年11月14日“好感度アップ眉”

眉間のしわが…

Category : みけん
油断をしていたら、眉間のしわがしっかりと刻まれて、普通の顔(?)の時も縦じわがあります。もう仕方ないのでしょうか?

あきらめたくない気もします。

ボトックスとかに手をだすとか。。。


『翌朝には、シワがうっすらとなります。』
出典:眉間のしわ>2012年1月26日“眉間のしわ テープ”

眉毛には苦労します

Category : まゆ
しっかりと濃い眉毛の人のなかには、描かずにすませている人もいます。素晴らしい人生ですよね。。。

気合を入れて、これに神経を傾けている時間がもったいない…。でも眉毛ひとつで顔の印象はまったく変わるし…。変にふけるのも嫌だし…。

基本と応用を勉強させてくれる機関があるといいのに。。。


『形のよい方をまず書いて、悪い方を合わせる』
出典:暁守り>2012年6月19日“まゆげの描き方”

こめかみの痛み

Category : こめかみ
緊張性頭痛や偏頭痛など、頭が痛いのはつらいもの。若い時から頭痛持ちの人もいますよね。吐き気やめまいが起きるほど重症な人は、大変なストレスでしょう。

最近は、頭痛の外来なども出来ているようです。

でも原因をはっきりさせるのは、至難の業では??
とにかく。。。


『「頭痛」を甘く見てはいけません』
出典:まぁ~こ先生の自分でできるちょこっと健康対処法>2012年9月18日“頭痛の対処法『前頭痛・こめかみ痛』”

ひたいと言えば…

Category : ひたい
やっぱり「猫のひたい」ですよね。

大人気の松嶋さんちのナホミちゃんは、「ねこの死体」だと思っていたらしい…。

ひたいは知性を表すから、なるべく出すようにと子どもの頃に言われたような。。。


…かわいい猫のひたいをなでるのが、今の私の夢。猫のいる暮らしに憧れます。
→ 猫のひたい  かわいい猫がいっぱいで癒されるサイトです

column6カラダの周期

Category : column6
月の満ち欠けとともにホルモンの様子が変わっていくのが、女のカラダの周期。ここまで進化した生物のカラダには、月の影響がしっかりと刻まれているようです。

地球と月とその周り…。大宇宙の中で生まれた私たちの生命です。


『女性の生理を“月経”というように、月経は月の満ち欠けと同じ、28~30日周期で起こるよね。この月経周期に合わせて2つの女性ホルモンが分泌される。』
出典:ガン完全克服マニュアル>2013年03月19日“乳腺専門医の南雲医師 月の満ち欠けと乳がんの関係を解説”

column5昔の女性の生理

Category : column5
生理用品の便利さを当然のこととして暮らしてきました。今では疑問視するむきもあります。

本当に安全なのか?もしかしたら…?

科学の進歩と生物としての自然な状態をすりあわせるのは、至難の業です。


『国の‘基準’がある限り、紙ナプキンには必ず内部に高分子ポリマーを入れなければ生理用ナプキンとして販売できません。』
出典:REMEDYGARDEN BLOG >2012年2月1日“ノーナプキンへの道”

column4へその緒

Category : column4
桐の箱の中に入っていた、小さくてあやしい乾燥したかたまり。へその緒だとは知っていましたが、なんでひも状ではなくて小さいかたまりなのか、長年の疑問でした。

子どものおへそのケアをした時に「!(EUREKA)」となりました。

もう一つの長年の疑問は、どういうタイミングで切るのか、切った時はどんななのか…。


『へその緒の拍動が感じられなくなってからへその緒を切っています』
出典:産婆の気持ち>2008年8月11日“へその緒”

column3女の人生

Category : column3
7年区切り…、「49歳で閉経」で女の人生は終わり!!

「黄帝内経(こうていだいけい)」という中国の医学書には、からだのこと、病気のこと、養生のしかたなど膨大な情報が載っているようです。

49歳以降の人生は、からだは自然の中で、頭は知識の世界の中で、バランス良く暮らすのが一番なのでは?
からだと頭が逆の状態になると、滅びが早くきそうです。


『ヒトの生理作用というものは、100年やそこらの短期の経過でもっては、何とも変えられない性質のもの』
出典:薬屋おやじのボヤキ>2012年6月24日“漢方五行論の時間割を無視すると、こころも病む”

column2ヒゲが生える

Category : column2
年老いた母を訪ねて、母にメイクをしたり、ヒゲのお手入れをしてあげた。

年を重ねて、女性ホルモンが減ってくると、男性ホルモンの割合が高くなってしまいヒゲも生えます。白内障が進行して、母は自分のヒゲが見えていないようでした。

ヒゲが見えるうちに処理方法を考えたほうが良さそう…。顔面も全処理とか。。。

若くてもストレスが多いと、ヒゲが生えます


『ストレスや不規則な生活などの影響でホルモンバランスが乱れると、男性ホルモンが減り、女性ホルモンが相対的に強くなります。』
出典:種の断片>2012年11月13日“働く女子の『オス化現象』《ヒゲジョ》”

column1美人

Category : column1
コラムに載せていますが、美人の形容はたくさんあるようで…。字面も美しいというか、華麗な文字の並びですね。

「美人」には癒されます。ありがたいものを見た、という思いがして…。不思議ですね。

「美人」の定義はなんなのか、基準はあるのか。どういう綺麗さを目指していくのか。日々、考えつづけて、答えをさがしつづけて、その過程が美人になることにつながるといい。。。

でも平凡な私は、そんなことを考えない毎日を送っています。心のブロックをなくせば美人になれるのでしょうか?


『世の中には、自分が美しくなることにブロックをかけている人がいます。』
出典:美人になる方法>2013年4月12日“美しくなることをあきらめないで

くるぶし

Category : くるぶし
加齢とともに、「しぼんだ」感じになる場所。

つい、見逃しがちな部分です。「かかと」のついでに忘れずにお手入れするようにしたいですね。


「くるぶし」について詳しいことは、コチラ

あしのうら

Category : あしのうら
手入れをおこたると、すぐに荒れてすさんだ感じになってしまう場所。

心にすこし余裕がないと、足の裏までケアできないのかもしれません。


「あしのうら」について詳しいことは、コチラ

かかと

Category : かかと
春先から、かかとのお手入れを念入りにして夏に備えたい…。という思いはあってもなかなか…。

お風呂あがりに保湿するのが、一番簡単なようです。


「かかと」について詳しいことは、コチラ

あしのこう

Category : あしのこう
実は大変重要な部分なのに、あまり大切にされていない場所。。。

手の甲のように、クリームをつけてマッサージしてあげましょう…?

個人的に、“足の甲”と聞くと“内助の功”をすぐに思い出すのはナゼなのか、気になっています。ディラン効果(?)じゃないし…。一体なんなのか…。


「あしのこう」について詳しいことは、コチラ

あきれすけん

Category : あきれすけん
スポーツ界では、ここか靭帯の故障が原因で選手生命をたたれるとよく耳にしますね。いわゆる「全治〇ヵ月」という重傷です。

もちろん故障から復帰する選手もいます。


「あきれすけん」について詳しいことは、コチラ

べんけいのなきどころ

Category : べんけいのなきどころ
「コンッ」とやったら、もう声も出ません。。。

「(あ)……」と口を開けたまま、もだえる(?)だけ。

時が癒してくれるまで。


「べんけいのなきどころ」について詳しいことは、コチラ

えっくすきゃく

Category : えっくすきゃく
両ヒザをつけるとくるぶしがつかない状態の脚をX脚といいます。

幼児期には比較的多い例です。小学校にあがる頃までに治っていない場合は検査してみましょう。たいていは骨に異常がないようです。


「えっくすきゃく」についての詳しいことは、コチラ

おーきゃく

Category : おーきゃく
O脚の原因によっては、矯正するマッサージなども効果があるようです。試してみる価値があるかも…。


「おーきゃく」について詳しいことは、コチラ

ふくらはぎ

Category : ふくらはぎ
自慢のししゃも脚!! ここをボヤーっとさせないで、立派なししゃもでいられるようにするのが、今後の課題です!!


「ふくらはぎ」について詳しいことは、コチラ

ひざ

Category : ひざ
よく転んで血が出たり、かさぶたになったりした場所…。

大人になってもしょっちゅう転ぶ友人がいます。ヒザあたりが青くなっていたり、傷ができていたり。それを見ると、妙な懐かしさを感じて複雑な思いにかられます。私自身は、もう何年もヒザに傷など作ったことがありません。。。


「ひざ」について詳しいことは、コチラ

ふともも

Category : ふともも
“anything but the thighs(フトモモのこと以外なら)"というセリフがありました。多くの女性にとっては、話題にして欲しくない場所だ、ということですね。

ここの脂肪を取るのは並大抵のことではありません。。。


「ふともも」について詳しいことは、コチラ

もうこはん

Category : もうこはん
お尻はともかく…、背中や腕などに大きい蒙古斑があると気になります。モンゴロイドの証明(?)であって、驚くことではないけれど、目立つ場所にあると本人は悩みますよね。治療も出来るようなので、相談してみましょう。


「もうこはん」について詳しいことは、コチラ

しりこぶた

Category : しりこぶた
しりこぶたより、しりっぺたのほうが個人的になじみがあります。

臀部の大きな筋肉を、大きな脂肪がおおっています。大きな脂肪は血流が悪いので、暑い季節でもひんやりとしていて、内部の熱を逃がしません。


「しりこぶた」について詳しいことは、コチラ

こじり

Category : こじり
小さいお尻にあこがれる女性は多いのですが、骨盤&お尻の発達は生殖能力の証明です。時代や地域によっては、お尻が小さい女性は、大人として認められません。大きいほうが魅力的なわけです。


「こじり」について詳しいことは、コチラ

にじゅうじり

Category : にじゅうじり
これは怖いですね。とにかく筋肉を使うしか予防法はなさそうです。

ついでに骨盤あたりのインナーマッスルも鍛えると、老後もすたすたと歩ける、、、、かもしれません。


「にじゅうじり」について詳しいことは、コチラ

しり

Category : しり
「火がつく」場所ですね。締め切りに追われて、わりと頻繁に燃えています。やけどが癒える日は来そうにありません。。。


「しり」について詳しいことは、コチラ

フリーエリア
Coidas別冊 「女のカラダ外見帖」
プロフィール

Coidas別冊

Author:Coidas別冊

“ふうん、そうなんだ”

からだとココロの気持ちよさを探していくのが
“Coidas”

妊娠体調チェック
カテゴリ
リンク
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。